子供の歯ブラシの選び方

むし歯予防のために行う歯磨きは子どもにとって大切な生活習慣といえるでしょう。
親の立場としては、睡眠や運動、食事の生活リズムを身に付けるのと同様に、規則正しい歯みがきの習慣付けが大切になってきます。
幼いお子さんにとって毎日の歯磨きが楽しいイベントになるよう、お父さんお母さんが上手くリードして上げて下さい。
そんな子供の歯磨きですが、毎日使う歯ブラシの選び方のポイントです。
まだまだ口が小さい子供には、適切なサイズのコンパクトなヘッドの歯ブラシを選んで上げて下さい。ヘッド部分の縦横サイズが小さく作られて毛の長さが短いものは、奥歯までしっかり磨きやすくなっています。
手で持つ部分の長さも子供の手のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。
歯ブラシの毛の硬さですが、あまり硬い毛の歯ブラシは歯茎を傷める原因になるので硬さは「やわらかめ」や「ふつう」の歯ブラシをお勧めします。
子供は歯磨きをするときに力を入れがちなので、すぐにブラシが開いてしまいます。
そんな開いたブラシでは歯の汚れが落ちないので、早めに新しい歯ブラシに交換して上げましょう。
子供が一人で歯磨きをするようになっても、必ず磨き残しの部分があります。
子供の歯の状態を確認するためにも、必ずお父さんやお母さんが仕上げ磨きをするようにして下さい。