矯正とは

歯が不揃いに生えていたり、上下の歯がしっかり嚙み合わない状態を「不正咬合」といいます。
この「不正咬合」になっていると口の中では様々な悪影響が生まれてきます。
例えば、咬み合わせの悪さが原因で口が閉じにくくなることで、常に口が開いてしまって口呼吸をしている人が多く見受けられます。
このように口呼吸をしていると口の中が乾燥しやすく、むし歯や歯周病の発生や進行を防いでくれている唾液が不足している状態になり、結果的にむし歯や歯周病になりやすい口内環境になってしまうのです。
また、不正咬合によって上下の歯の噛み合っている部分が当然少なくなりますから、食べ物が上手く噛めないので胃腸に余計な負担を掛けてしまいます。
他には言葉を発声する時に明瞭に喋れないなども不正咬合が原因になっているケースが多いのです。
不正咬合は常に顎の関節に負担を掛けているので歯を傷つけたり怪我に繋がったりもします。歯科における矯正治療とは、このような正常に生えていない歯並びや噛み合わせをしっかりと噛み合うようにして、美しい歯並びにしていく歯科治療になります。
この治療は患者さんに合った色々な矯正装置を使って、歯やアゴの骨に力をかけながらゆっくりと動かして歯並びと噛み合わせを治していくのです