矯正のメリット

矯正を検討している人が、中々踏み切れない理由の一つに高額な治療費用が挙げられます。
例外として、「口蓋裂や口唇裂などの先天的な咬合機能」や「外科的な治療が必要な顎変形症」に該当するケースが保険適用になりますが、一般的な矯正治療は保険が効かず、どうしても治療費用がかかってしまいます。
もう一つは、矯正するにはどうしても長期の治療期間が必要で、状態によって変動しますが保定期間も含めると大体2~3年ぐらいはかかってしまうのです。固定式のワイヤー矯正の場合だと治療期間中はどうしても目立ってしまうのも敬遠される理由になっているのです。
しかし、将来的な歯の事を考えると、こうしたデメリット以上のメリットがあるのが歯列矯正なのです。
まず、歯並びが整うことにより、当然噛み合わせが良くなり咀嚼しやすくなります。歯並びが悪いと歯磨きがしにくくなり、むし歯になりやすい状態になってしまいますが、歯並びが整うと歯磨きがしやすくなり圧倒的にむし歯や歯周病の予防がしやすくなります。
「人の第一印象は口元で決まる。」とよくいわれているように、歯はその人の印象度に大きく影響しています。
歯並びがきれいになると、顔の印象が良くなるのは当然のことなのです。
また、歯列矯正によってバランスよく噛めるようになるので、場合によっては顎の位置が変化して整った顔になっていくこともあります。
その他にも、喋る時に明瞭に発音しやすくなるメリットがあります。
アナウンサーがきれいに歯を整えているのは、審美上のことだけでなく伝えやすい発音の為でもあるのです。