重要な小児矯正

現代では大人になっても矯正治療ができる時代になってきましたが、それでも子供の時から矯正治療をすること自体が、その子供さんの人生にとって大変大きなメリットとなるのです。
まず、子供の時から矯正治療を行うと最終的な歯並びをきれいにすることができる利点が挙げられます。
大人になってからの矯正治療だと、歯の生え方によっては抜歯が必要となるケースでありますが、子供のうちから矯正治療をスタートすることで顎の成長をバランスよくコントロールし、よりきれいな歯並びに導くことができるのです。
顎が成長する幼少時期に、不正な噛み合わせを放置していると顎の成長に多大な悪影響を及ぼして顎が変形してしまうケースがあります。
こういった顎の成長期に噛み合わせを改善してあげることで、バランスのとれた噛み合わせに改善され、顔の輪郭のゆがみなどが軽減される可能性が十分あるのです。こうした子供時代の噛み合わせの改善が、一生涯身体を支える礎になるといっても過言ではないのです。
前述したように、大人になってからの矯正治療の場合だと数本の永久歯の抜歯が必要なケースでも、子供の時から矯正治療を行うことで、抜歯をしない治療が可能になる可能性が高くなります。
顎の成長を正しい形に促進することで、不必要な抜歯を減らすことができるのです。
正しい噛み合せになると、唾液力が向上して歯周病になりにくい口内環境になります。
また、矯正治療で歯並びを整えれば、食べ残しや磨き残しが減り歯磨きもしやすくなり、むし歯になりにくくなっていきます。
もちろんキレイな歯並びは見た目のメリットもありますが、それ以上に健康面に大きなメリットがあるのが小児矯正なのです。