小児矯正のデメリット

大人になってからの矯正治療だと、永久歯の生え方によっては抜歯のケースもありますが子供の場合だと予後を予想しながらの治療になるので抜歯のリスクを軽減できる利点があります。
とはいっても、小児矯正に全くデメリットがない訳ではなく幾つかの点で懸念も指摘されているのです。
メリットと併せて十分に理解されて、お子さんと相談した上で治療を決めるようにして下さい。
小児矯正の殆どが顎の骨の成長が終了する15才前後まで経過を観察する必要があるため、どうしても矯正期間が長くなることが多いのです。
また、顎の成長に合わせて歯並びを治療していくため、一時的に歯並びが悪い状態になることもあります。
大人と違って成長過程の子供ですので、この点は理解を頂きたいと思います。
子供さん本人が治療に協力的でないと、良い治療結果が出にくくなる場合があります。
概して子供は治療を敬遠しがちなので、患者さん本人に家庭で装着してもらうタイプのものだと適切に装着しない場合があり、そのようなケースだと良い治療結果が望めません。
この矯正治療がどのような成果に繋がるか、ご両親から子供さんに分かりやすく理解できるように伝える必要があるのです。
矯正治療中は複雑な形状をした装置をつけるため、歯磨きの時に磨き残しがでることが多く、むし歯になりやすい状態になりがちです。
ご両親からもサポートしながら、注意深くブラッシングを行う必要があります。
長期間の治療になる矯正治療は、子供さん本人はもちろん、家族の協力も必要な治療なのです。