歯型

何らかの理由で失ってしまった歯を補う治療法の義歯は、歯の部分の代わりとなる人工歯と粘膜に接する床の構造になっています。
部分入れ歯の場合には、入れ歯を隣接する歯に固定するためにクラスプ(留め具)が付いているのです。
義歯の治療の流れとしては、最終的には精密な歯型を取ることが必要ですが、前段階としてまず簡単な歯型取りになります。
この段階では、ある程度患者さんの口の形状に合った既製品のトレーを使って簡単な歯型取りをしていきます。
この作業で取った歯型に石膏を流して模型を作製し、それぞれの患者さんの口に合う個人トレーを作製していくのです。