成人矯正

乳歯から永久歯に生え替わる時期の子供に行う「歯列矯正」は、顎の位置を正しい位置に動かすことができるケースがあり、矯正治療を始めるのに最適な時期と言えます。
これが成長の終わった成人の場合だと、組織の反応が遅いので歯の移動に時間がかかったり、
顎の骨の位置の改善には外科的矯正治療が必要になったりします。
これが子供と成人の矯正治療の大きく異なるポイントといえるでしょう。
成人の矯正治療の目的の一つとして、審美的な面での改善が挙げられます。
出っ歯や受け口、八重歯など、本人が外見を気にして治療を始められる方が多いのです。
子供の矯正だと、本人よりも家族の希望が優先される場合が多く、せっかく良いタイミングで矯正治療を始めたとしても、子供さん本人の治療への向き合い方が消極的で治療効果が悪い場合があります。しかし、本人の意志で歯列矯正治療を望む大人の治療は、歯磨きや装置のメンテナンスなどにも気を配ることができるので、口腔内を良い状態に保つことができて治療が効率的に進む傾向があります。
成人の矯正治療といのは、外見の変化もメリットになりますが、実際には「噛み合わせの改善」の方が大きなメリットといえるでしょう。
悪い噛み合わせの「不正咬合」を改善しないと、頭痛や肩こり、腰痛、膝痛など全身の様々なところに悪影響があるといわれています。
また、歯並びが良くなると、それまでは歯ブラシが届かなかったところまでキチンと歯磨きができるようになり、むし歯や歯周病の予防にも繋がるのです。