術前の検査

矯正治療を開始する前に、まず行わなくてはいけないのが検査になります。
患者様はそれぞれ違った症状であり、顎の骨格も異なっている為に治療方法も一律ではありません。
各々の症状に適用した治療に為にも、詳細な検査データが必要になってくるのです。
まず、患者様の口腔内と顎を含めた顔面の状態を把握する為に、口腔内写真撮影と顔面写真撮影を行っていきます。
この撮影は矯正治療を開始した後も、歯の動きや顎、顔面の変化などを観察するために定期的に行っていくのです。
次に、頭蓋骨と顔の骨全体が撮影できるX線撮影装置でレントゲン撮影をします。
患者様の顔を横から撮影した側頭部の写真に基づいて、矯正歯科医が状態を分析していきます。この分析はセファロ分析と呼ばれていて、矯正治療前の診断としては特に比重が高い検査になっています。。
セファロ分析からは、顎の骨と歯、顔面と頭蓋骨とのバランス、顔のタイプの判定などの総合的な症状のデータ分析ができるのです。
そして、矯正治療に欠かせないのが歯列模型の採取になります。
患者様の歯型から作成した歯列模型から、患者様各々の歯並びや上下の噛み合わせ、奥歯の噛み合わせを診断してズレなどを分析して実際の治療に反映していくのです。
この他には、むし歯や歯周病の検査、顎関節診査、CT検査等がありますが、様々な検査結果と患者様との問診内容を総合的に診断をして最終的な治療計画を立てていくのが矯正治療の一般的な流れになっています。