歯の表側のブラケット

「歯列矯正」と聞いて、イメージされるのが歯の表側に銀色のメタルを装着した状態を想像される方が多いと思います。
金属製の「ブラケット」と呼ばれるこの装置は、一般矯正に多く使用される装置になります。
このメタルブラケットは、どうしてもブラケットが目立ってしまうという難点がありますが、金属の特性により薄くて丈夫な特徴があります。
また、他のセラミックブラケットなどの装置に比べて、比較的低価格で治療を行えるので、見た目にはあまりこだわらないで治療費と通院回数を抑えたい方に合った装置といえるでしょう。
デメリットとしては、金属アレルギーの方は向いていまい点があります。
金属アレルギーを心配される方は、事前に皮膚科などで金属パッチテストを受けて検査結果を歯科医に伝えるようにして下さい。
メタルブラケットを使った矯正治療の過程では、使用する針金やゴムによって不快感を感じたり口内炎を発症することもあります。
装着時の違和感は1週間ほどで徐々に慣れてきますが、口内炎予防として緩衝材効果のあるワックスなどもありますので歯科医に相談されるようにして下さい。
また、メタルブラケットは歯磨きがしづらい難点があります。
ブラケット装着後は歯科医や歯科衛生士の指導を受けて、適切なブラッシングによって口の中を快適に保つ必要があるのです。