歯の裏側のブラケット

歯の矯正治療というと、歯の表面に装着された金属製のブラケットのイメージがあり、審美上から矯正が敬遠される理由の一つになっています。
そんな患者様にお勧めしたいのがリンガルブラケットと呼ばれる矯正治療です。
このリンガルブラケットとは、従来のタイプとは違い、歯の裏側にブラケットを取り付ける固定式の矯正治療法になります。
一般的に知られている表側矯正のブラケットタイプと同等の矯正効果がありますが、表側からは装置が全く見えないというメリットをもつ治療法なのです。
装置が見えない矯正治療としては他に「インビザライン」という、患者様に合わせた完全オーダーメイドの薄い透明のマウスピースを使用した治療法があります。
ただ、インビザラインは重度の症例には適用できないケースがありますが、リンガルブラケットであれば殆どの症例に対応できる利点があります。
普段目に付くのは上の歯であることが多いので、上の歯列にリンガルブラケットを使い、下の歯列だけ通常の表側に付けるメタルブラケットを装着して治療することも可能になっています。
このリンガルブラケットによる矯正の最大のメリットは審美性といえるでしょう。
表側からはブラケットが全く見えないので、他人に気付かれずに矯正治療できます。
人と接する機会の多い職業の方によく選ばれているのが、リンガルブラケットなのです。