セラミックブラケット

今までは矯正治療というと、歯の表側に金属のブラケットを装着する治療が主流でしたが女性などの中には審美上で敬遠する方が多かったようです。
そんな背景の中で登場してきたのが、セラミックブラケットなのです。
このセラミック製の装置(ブラケット)自体が歯の色に近いため、従来のメタルブラケットに比較して周囲の人に目立たずに矯正治療を行うことができるようになってます。
セラミックブラケットは、見た目に目立つ前歯のみにセラミック製を使用することが多くなっています。アーチワイヤーは金属を使うことが多いのですが、白いワイヤーを用いると更に目立たなくするこことができます。
金属アレルギーの方でも治療が可能で、審美的にも優れたセラミックブラケットですが、強度の関係からメタルブラケットよりもどうしても大きくなり、高さもあるため口腔内(唇など)への違和感が大きいデメリットもあります。また、ブラケット自体が外れやすい点、メタルに比べて歯の動きが遅い点も指摘されています。
セラミックブラケットを使用した治療費用としては、メタルブラケットに比べて高額となりますが、治療期間自体はメタルブラケットを用いた場合と殆ど変わりまありせん。