治療中の歯磨き

矯正治療が始まると、装置を取り付けている為に以前と比べて口の中は食べカスが残りやすい不衛生な状態になるため、特に丁寧に歯磨きを行う必要があります。
歯に付いた食べカスやブラッシング不良による磨き残しは、時間が経過するとプラークとよばれる細菌の塊になってむし歯や歯周病の原因となってしまいます。
矯正治療中の歯磨きのポイントが幾つかあります。
まずブラケットの周りでは、ブラケットを中心にして歯を上と下に分けて磨いていきます。
この時、矯正装置と歯の間に歯ブラシを斜め45度にあてるようにして下さい。
歯と歯の間を磨く時は、歯ブラシを縦にして歯ブラシの先端で磨くようにします。
他には、デンタルフロスや歯間ブラシ、ワンタフトブラシを使って丁寧に汚れを落とすようにして下さい。
歯の表側に矯正装置をつけた場合、歯ブラシの毛先の接触する面積が大きすぎるとブラケットの細かい部分にあたらないで磨き残しを作ってしまいがちです。
この場合は矯正用の歯ブラシで磨くことをお勧めします。
逆に歯の裏側に矯正装置をつけた場合には、歯の裏側は1本ずつ歯を磨く方法が適していますのでワンタフトブラシだけで磨くようにして下さい。
むし歯や歯茎の治療によって矯正治療期間が延びてしまわないように、毎日の歯磨きも治療の一環といっても過言ではないのです。