完成

義歯の完成と言っても、保険と自費治療とでは結果が大きく異なってきます。
保険の義歯治療は、単に「型を採って義歯を作って完成」となりますが、ここに保険の義歯の問題点があるのです。
歯科医師が歯肉の型を採った時点から、義歯が完成して装着後してからも歯肉や顎の関節などいろいろな部分が刻々と変化していきます。
自費治療で使われる治療用義歯を使って調整を行えば、変化に対する対応が可能で最終的に顎が正常に咬める位置になって完成します。
しかし、保険の義歯の場合は、型採り以降の変化がないものとして義歯を作るので結果的に合わない状態の完成と言う事になってしまうので