テレスコープアタッチメント

テレスコープとは望遠鏡を意味していて金冠を二重に被せる方法で、アタッチメントとは残存している歯を削って、それにクラウンやセラミックを被せて、その歯と入れ歯をつなぐ連結装置の事を意味します。
この治療法は動きが固定化するので、快適な入れ歯が実現可能になっているのです。
歯科治療における前述のコーヌスクロネも、このテレスコープデンチャーの施術の一つで、自分の歯で噛む感覚により近い装着感があるのですが技術的に難しいというハードルがあるため採用している歯科医院は多くありません。
五條歯科医院では、このテレスコープデンチャー治療にも対応しておりますので、是非ご相談下さい。