主治医とは

一般的に主治医というのは、ある患者の病気に対する治療方針全般に対して主たる責任を有する医師のことを意味します。
この主治医は、患者さんの身体や健康、その他の状態について最もよく理解している者であることが求められています。
その上で、総合病院の場合だと特定の診療科目に限定しないで総合的に患者さんの症状を診察して、治療に最も適した診療科目を特定して今後の治療計画に沿った診察を行っていくのです。
主治医によって選択された診療科目の医師が「担当医」になるのですが、幾つかの診療科目を同時に受診しているケースだと複数の「担当医」が存在することになります。
ただ、ある診療科目においても複数の医師によって構成される診療チームが一人の患者を担当することもあるために「主治医」の定義は必ずしも明確ではありません。
よく言われる「かかりつけ医」というのは、総合病院の主治医とは区別して個人の医院の医師を意味する場合が多く、来院した患者さんが受ける医療を時系列で記録して管理し、より専門的な治療が可能な適切な病院へ紹介するのが一般的といえるでしょう。
この「かかりつけ医」は、科目が歯科であっても患者さんの過去の治療履歴から現在の症状に至るまでの総合医療としての判断が求められているのです。