家庭医(プライマリー医)とは

プライマリー医の解釈としては、①一次医療医 ②家庭医(ホームドクター、かかりつけ医)  ③実地医家 ④総合診療医、などが挙げられます。
一次医療とは、患者さんが体調不良を自覚して最初に診察を受ける外来診療になり、一次医療医はこの初期診察を担当する医師になります。参考までに、二次医療は入院患者までを含めた診療、三次医療はより重症で特殊な、まずは ICU(集中治療室) で診療するものと区別されています。
次の、②家庭医(ホームドクター、かかりつけ医) と③実地医家というのは重複した部分がありますが、イメージとしては昔からある伝統的な町医者、開業医達の呼称になります。
そして、④総合診療医とは辞典によると「総合的な診療能力を有し、プライマリーケアを専門に行う医師。身体の状態だけでなく、心理的・社会的問題も含めて、患者を継続的に診察し、必要に応じて専門医に紹介する。」と定義されています。
近年、この家庭医(プライマリー医)の充実が求められていますが、その背景として、大きな総合病院に患者さんが集中して待ち時間の割に診察時間が短くなってしまう弊害、国内において高齢化によって「スペシャリストとしての医師」だけでなく、患者を総合的に診られる医師が必要とされる点、医療や介護を地域で一体的に提供する「地域包括ケアシステム」の対応が求められている点、などが挙げられています。
より良い医療の実現の為に、総合診療が可能なプライマリー医が必要とされているのです。
そして、④総合診療医とは辞典によると「総合的な診療能力を有し、プライマリーケアを専門に行う医師。身体の状態だけでなく、心理的・社会的問題も含めて、患者を継続的に診察し、必要に応じて専門医に紹介する。」と定義されています。
近年、この家庭医(プライマリー医)の充実が求められていますが、その背景として、大きな総合病院に患者さんが集中して待ち時間の割に診察時間が短くなってしまう弊害、国内において高齢化によって「スペシャリストとしての医師」だけでなく、患者を総合的に診られる医師が必要とされる点、医療や介護を地域で一体的に提供する「地域包括ケアシステム」の対応が求められている点、などが挙げられています。
より良い医療の実現の為に、総合診療が可能なプライマリー医が必要とされているのです。