地域ケアプラザと医療

一般的にはまだよく知られていない言葉に「地域ケアプラザ」というものがあります。
この「地域ケアプラザ」とは、誰もが住み慣れた街で健康で安心して暮らせる地域を作る為の施設で、専門スタッフによる子育てや各種介護サービスの案内や介護をされている方のお悩み相談に対応している施設で、福祉や保健活動の支援や交流に関することなら無料で利用できるようになっています。
他にも、病気や介護などを受けない健康寿命を伸ばす為に、介護予防という観点から体操教室や口腔ケア、認知症の予防講座なども各ケアプラザで行っているのです。
また、全国の自治体では、各医師会を中心として地域ケアプラザと連繋して在宅医療と介護の向上にも取り組んでいます。
具体的には、患者さんが病院から退院された時のかかりつけ医の紹介、地域包括支援センターやケアマネージャー等からの相談に対する支援や情報提供、地域医療の連携や多職種間における連携業務、在宅患者急変時の受け入れ病院の確保、などが挙げられます。
日本は世界有数の長寿国ですが、同時に高齢者問題はますます深刻になっています。
多くの高齢者の方が病気を抱えても住み慣れた我が家で療養して、自分らしい生活を続けたいと望んでおられます。
より良い暮らしの実現には、医療と介護の連携が絶対に必要とされているのです。