かかりつけ薬剤師

「かかりつけ医師」という言葉は聞いた事があっても、「かかりつけ薬剤師」は聞き慣れないかもしれません。
実は、2016年4月より診療報酬が改定されて、薬局にて「かかりつけ薬剤師制度」がスタートしているのです。
新しくスタートした、かかりつけ薬剤師制度について簡単に説明します。
「かかりつけ医」と言えば、何か体調が悪くなった際に毎回受診したりする医師をイメージするかと思いますが、「かかりつけ薬剤師」とは、普段のお薬の服用や管理のことをはじめ、体調や食事の管理など健康全般の相談ができる薬剤師の事を意味します。
高齢の方などでは、複数の病院から、多種多用の薬を処方されているケースがありますが、薬同士の飲み合わせが悪いものを知らずに服用してしまう危険性があります。
又、薬を処方もらったものの効果がよく分からず、副作用が心配になり自己判断で服用を中止して、症状が悪化する可能性があります。
そのような現状の中で、薬の専門家である「かかりつけ薬剤師」は、患者さん一人一人のお薬の管理を行い、服用状況を把握し、他のお薬との飲み合わせや副作用などの相談、健康全般にわたるアドバイスなどを行い、その患者さんにとって最適となる薬による治療を目指していくものになるのです。