義歯の管理

せっかく作った入れ歯でも、日頃の管理が悪いと汚れがたまったり破損したりしてしまいます。
入れ歯と言っても、自分の歯と同じように毎日の手入れが必要なのです。
義歯というのは患者さんの歯の状態に応じて作られたオーダーメイドになり、構造が複雑になっています。
そのため、見た目はきれいに見えても、実際には入れ歯の床の内面や金具の内側、残った歯との接触面は特に汚れが取れにくくなっているので細かい部分まで丁寧に磨いて頂きたいと思います。
その場合、研磨剤の入った一般の歯磨き粉は使用しないように注意して下さい。
保管する際には、入れ歯を乾燥させると変形を起こしてしまうので、水の入った保存容器を使って水は毎日交換する事を心掛けて下さい。