入れ歯の痛み

残念ながら、新しい入れ歯を入れた時に痛みが出るのは珍しい事ではありません。
入れ歯というのは石膏で作った模型上で製作されますが、入れ歯を受ける歯肉は柔らかいので噛む時に入れ歯が沈んで強く当たる部分ができてしまうのです。
ですので、痛みがなくなるまで歯科医院で微調整してもらう必要があります。
また、患者さんの歯肉の状態が非常に悪い場合には、歯科の技術的な問題でなくても痛みが出るケースが少なくありません。
保険の義歯の場合は、既製品のイメージなので入れ歯の不具合がどうしても起きてしまう可能性があります。
やみくもに高い治療を勧める訳ではありませんが、自費の場合は仮義歯の作成などで慎重に義歯を製作するので痛みにくい高い快適性が実現しているのです。