必要な定期健診

キチンとした歯科治療を受け日頃のお口のメンテナンスを欠かさない方でも、細菌の発生しやすい環境のお口にはトラブルが起きやすいものです。
むし歯や義歯治療が終わった患者さんでも、ある程度期間を経過すると新たな不具合に悩まされるケースが珍しくありません。
歯の定期健診は、そんなお口のトラブルを未然に防ぐ防波堤のようなものなのです。
定期健診では、まずむし歯や歯周病の現状確認や詰め物の不具合の確認、歯のクリーニングやブラッシング指導を行っていきます。
「治療よりも、まず予防」
これが歯科医療の原点なのです。