要介護者の義歯に付着する呼吸器疾患を起こす細菌について

Colonization of denture plaque by respiratory pathogens in dependent elderly.
目的
全部床義歯のデンチャープラーク細菌叢についてのより詳細な情報を得ることと要介護高齢者の呼吸器系疾患を誘発する可能性がある口腔内の感染性病原菌の存在を評価すること
結果
18 種類の細菌種が検出され,Streptococcus spp.(98%),Candida spp.(80%),Neisseria spp.(64%)が多かった.
要介護高齢者 50 名中 23 名の全部床義歯から呼吸器疾患を引き起こす可能性を有する病原菌が検出された
結論
・ 呼吸器感染を引き起こす可能性がある細菌が要介護高齢者の全部床義歯に凝集していた.
・ デンチャープラークは呼吸器疾患を引き起こす可能性がある病原体が中咽頭部での凝集を促進する貯蔵庫として働いているかもしれない
【五條の考察:要介護者とそうでないの違いが出せていないが確実に義歯を入れると口腔内が不潔に近づく。レビューのPotential pathogenic aspects of denture plaqueを参考にしたい】