生体機能義歯=BPS

近年、医療の技術進歩は目覚ましいものがありますが、義歯の分野でも従来のものとは比較にならない素晴らしい進化を見せています。
BPS(生体機能補綴機構)とは、ヨーロッパだけでなく、アメリカの多くの歯科大で教育カリキュラムに導入されている全く新しい義歯製作システムです。
このBPSとは、個々の患者の生体機能に合わせた型取りや咬み合わせの調整などの一連の作業を、BPSの定めた技術に沿って実践して専用の材料や機器を使用して、より優れた義歯を完成させるシステムなのです。
このシステムによって製作された生体機能義歯は、従来の義歯より更に超精密で快適な義歯を実現しています。