最新設備について

最適な治療の提供

最適な治療をご提供することができるように、最新設備を整えています

大切な歯を守るために。患者様の多様なニーズに最適な治療がご提供できるよう、最新の知識や診療技術の研鑽を積み、高度な設備も整えています。

手軽にセラミックの治療をご提供するためにセレックを導入しました

ドイツで開発された歯科用機器セレックは、患者さんのお口の中の状態をコンピュータ上で再現し、それに合わせたセラミックの義歯を瞬時に設計・加工するドイツ生まれのシステムです。高精度コンピュータの立体映像を使って、自動で被せ物を作れるので、歯科技工士の手をわずらわせることなく、効率的にしかも経済的にセラミック治療をご提供することができます。

歯の治療を行うと、必ず詰め物や被せものと、自分の歯の境目に“隙間” ができてしまいます。この隙間にむし歯の原因菌が入り込み、むし歯を進行させてしまいます。
実は、むし歯が大きくなる本当の理由は「歯を削った後の詰め物の隙間」なのです。金属の詰め物はこの隙間が大きくなり、むし歯が再発するリスクが高くなります。
一方、セレックなどはこの隙間を作りにくくすることができ、歯の汚れも付きにくいという性質から、被せものの平均寿命が大変長くなります。結果として、歯の予防に貢献しているといえます。

従来のセラミックは何回か通院が必要でしたが、1回の通院で被せものが作れます。まさに「見ためと長持ちするコストパフォーマンスを考えたらセレック一択!」なんです!

患者様の負担を軽減しながら、美しく丈夫なセラミックの歯を実現

当院では、セラミック義歯を短時間で設計・加工する「セレック」を導入しました。従来は、歯型を採って模型を作り歯科技工士が歯の形を再現していた行程をコンピュータ上で行うことができるので大幅な時間や費用の削減が実現できます。

また、専用のセラミックブロックは生体親和性に優れており、細菌付着が怒りにくく、むし歯になるリスクが軽減され、金属アレルギーの心配もありません。硬さも天然の歯に近いため、反対側の自分の歯を痛めず、色調は天然の歯に近く、変色の心配もありません。自信を持っておすすめできる治療です。

セレックによる治療のメリット

予防効果も高い

  • セラミックなので着色やプラーク(歯垢)がつきにくく、むし歯や歯周病の予防になる
  • 密な装着でむし歯の再発(二次う蝕)が予防できる
  • 丈夫で見た目も美しいセラミック製の義歯が短期間で作れる
  • 今までのセラミックに比べて、治療費を抑えることができる
  • 最短1日で白い歯が手に入る

こんな方におすすめします

  • 歯科医院に通う時間がなかなかとれない
  • 耐久性がよく、長持ちする歯を手に入れたい
  • 歯を白くしたいけれど、費用は安く抑えたい

セレックQ&A

Q1.何回かかりますか?
A. 基本的にはその場で作るので、1回で被せものが入れられます。
お口が開きにくい、神経の処置をするかもしれない場合は、回数を分けることもあります。
Q2.セレックで作るのと、技工士さんに作ってもらうのとでは何が違うんですか?
A. 技工士さんに作ってもらう方が、自然な色味を出すことができます。
歯の色のグラデーションが強いときや、前歯にお勧めです。
ただし、人件費がかかるため、料金も高めです。
一方、セレックで作ると、歯を一つのブロックから削りだすため、大まかな色味しか合わせられません。その代わりに、費用が安くできます。通院回数も少なくて済みます。
Q3.1回で入れること以外に何か良いことがありますか?
A. むし歯になりにくいことです。
通常、型を取って作るまでに時間がどうしてもかかりますが、その間、削った面は仮のふたをしていても、ばい菌にさらされてしまいます。
中でむし歯になるリスクが、時間がかかるほど上がってしまいます。
しかし、1回で入れることで、ばい菌に接触する時間が少なくなり、再びむし歯になるリスクを下げることができます。
Q4.では、デメリットは…?
A.1回で終わらせようとすると、どうしても1回の時間が長くかかります。
ずっとお口をあいている訳ではありませんが、1時間以上かかることもあります。
対策として、午前と午後など、1日に2回来ていただくことも可能です。
セラミックの特性で、衝撃に弱いという性質があるため、噛み合わせが強い方、歯ぎしりをする方にはおすすめできません。

口腔内カメラで、お口の中の状態を患者様にも確認していただきます

当院では口腔内カメラを使って、お口の中の写真を実際にお見せし、ご自身の歯の状態を確認しながらご説明を進めます。患者様に関心を持っていただき、ケアをしていただきたいと考えています。そして、患者様に充分に納得していただいたうえで治療を進め、信頼関係を築くことを大切にしています。

デンタルⅩ(テン)を使い診断の結果をお伝えしています。

デンタルⅩは、患者様の口腔内の画像データと検査データを管理するためのツールです。端末を使い、診療チェアで検査データをダイレクトに取り込み、データを転送します。資料をプリントしてお渡しし、患者様自身が正確な情報を得て理解し納得した上で治療を受けられるようにしています。

レントゲン検査

歯科医院ではパノラマレントゲンで撮影することが一般的ですが、当院ではパノラマレントゲンは重要視していません。
パノラマレントゲンでは1回の撮影で全体を見ることができますが、細部まではわからず、むし歯や歯周病を見落としがちだからです。当院では、歯周病学会のガイドラインに基づいて、すべての歯を、1本ずつ1枚1枚レントゲン撮影を行い、見落としのないように対応しています。