滅菌について

万全の感染対策

歯科医院にとって最も大切なことは、感染対策です

できる限りの安心と安全をお届けするために、万全の感染対策を行っています。歯科医院において、感染対策は基本であり、最も重要だと考えています。万が一、治療器具に唾液や血液が残っていれば、感染が広がることもあるからです。

患者さまが触れる場所や、治療に使う器具などを1回ごとに徹底的に滅菌するのは、歯科医院として当然のこと。感染対策は、目で見てわかるものではありません。だからこそ、手を抜かず、当たり前のこととして毎日環境整備に努めています。

使い捨てを徹底しています

当院では、歯科医師や歯科衛生士がグローブ、マスク、ゴーグル、必要に応じてフェイスシールドやガウンを着用し、それらは診療が終わり次第ディスポーザブル(使い捨て)とし、常に清潔を徹底して行動しています。

最高級レベルの滅菌システムを導入

確実に感染対策を行うために、高度なシステムや機器を導入しています。
感染症の有無にかかわらず、患者様の血液や体液だけでなく、分泌物、排泄物、傷のある皮膚・粘膜など全てを感染源とみなし予防策を講じています。

超音波洗浄器

オートクレーブやガス滅菌などの完全滅菌をする前に、予備洗浄として使用します。微細な汚れを超音波洗浄器で薬液と超音波の振動のダブルパワーで感染源となる血液や唾液などもきれいに除去します。デリケートに扱わなければならない器具や手の届かない部分がある器具も徹底的に洗浄します。

0004.jpgのサムネール画像

高圧蒸気滅菌器(クラスB)

真空の状態と蒸気で高圧力をかけた状態を何度も繰り返し、すべての細菌やウイルスを死滅させるシステムです。一般的にオートクレーブと呼ばれています。
高圧蒸気滅菌器は、滅菌能力の高さからB、S、Nの3段階に分かれており、一般的な歯科医院で使用されているのはクラスNです。当院では、「あらゆる細菌を確実に死滅させられる」と認められているクラスBの高圧蒸気滅菌器を導入し、確実な滅菌を行っています。

ガス滅菌

オートクレーブにかけられない、歯を切削するハンドピースや、根管治療に使用するファイル、ハンドピースの先につけて歯を削るバーはガス滅菌器で滅菌します。