咬合治療

かみ合わせに注目した、顎関節症の治療を行っています

最近、働き盛りの世代の方に、かみ合わせの不具合や、歯ぎしり、食いしばりなどのトラブルが増えています。かみ合わせ、ストレス、生活習慣など原因を見極め、口腔全体を考えた総合的な治療が必要です。当院では、原因にアプローチした幅広い視点からの治療を行っていますので、お心当たりのある方はご相談ください。

さまざまな原因が考えられる顎関節症

口を開け閉めする時に違和感があったり、カクカク、パキンというような音がしたら顎関節症かもしれません。
顎関節症は、一つの原因だけではなく、さまざまな原因がからみ合って発症することが多い病気です。原因としては、ストレスやあごに負担をかける食いしばりや歯ぎしりのクセ、かみ合わせの不具合などが考えられます。わずかなかみ合わせの異常でも頭痛や肩こりになったり、首筋が痛んだりする患者さんもいらっしゃるのです。

そこで、治療もかみ合わせ治療だけでなく、症状を和らげる薬や心理療法、原因となるクセを改善する運動療法などを組み合わせて行います。当院では、これらに加えて、症状軽減に効果の高いマウスピースによるスプリント療法を行っています。あごの不調に悩まれている方はぜひご相談ください。

顎関節症の原因と考えられるリスク

  • 歯並びや歯の欠損によるもの
  • 骨格的な要素
  • 精神的なストレス
  • 筋肉痛を含む筋肉のバランスの不具合

歯ぎしりやくいしばりのお悩みにも対応します

寝ている間の歯ぎしりや、起きている時の食いしばりに悩まれている方が増えています。歯ぎしりやくいしばりを繰り返すことにより、歯に負担がかかり、細かいヒビが入り、むし歯になりやすく、またかみ合わせの不具合から肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。

ていねいにケアをしていてもむし歯や歯周病になりやすい方、むし歯を繰り返す方などは歯ぎしりやくいしばりをチェックすることをおすすめします。当院では、歯ぎしりや食いしばりから歯を守るナイトガード(マウスピース)による治療や、生活習慣指導などを行っています。