子供

子供の虫歯について

こんにちは、3歳児を子育て中の歯科衛生士の小嶋です。

子供の虫歯について書かせていただきます。

虫歯になりやすい傾向として以下のことが考えられます。

  • 不規則な食生習慣(食事時間が不規則、だらだらと食事をする)
  • 砂糖の摂取回数が多い
  • 唾液量が少ない
  • 歯磨きの習慣が身についていない
  • 親の虫歯が多い

虫歯菌を多く持っている子供の歯の虫歯のできやすい場所を知っておきましょう。

  • 奥歯の歯と歯の間(歯と歯の間が詰まっていることが多いため)
  • 奥歯の噛む面の溝(溝の奥までブラシがとどきにくいため)
  • 上の前歯の歯と歯の間(唾液が行きとどきにくい、哺乳瓶で長くミルクを与え続けると起こりやすいため)

歯磨きを毎食後きちんと行うことはとても大切なことですが、子供の食事は4回5回と多いものです。毎食後歯磨きをしていたらとても大変です。磨いている途中で子供が歯ブラシに飽きてしまい嫌がってしまうこともあるため、虫歯になりやすい場所から磨きます。特に寝る前にはしっかり仕上げ磨きをしてあげてください。

まだ歯科医院にかかったことがないお子様がいらっしゃいましたら、金沢区の五條歯科医院に是非いらしてください。

虫歯になりやすいのかを調べる“唾液検査”も行っています。

関連する小児歯科のページはこちら

子どもの歯ぎしり

“子供の歯ぎしりがすごいので、どうしたらいいですか”と、親御様からご相談を受けることがあります。子どもの歯ぎしりは、歯が生え始める生後6カ月頃から始まり、中学生くらいまで続くこともあります。音が大きく、ギリギリと削れるような音がするので、心配する親御様も多いようです。

子供は、歯の成長に伴って自分で噛み合わせを調整しています。歯が生えてくる生後6か月くらいから乳歯が生えそろう約3歳頃までは、乳歯をギリギリかみ合わせることで、歯を使う練習をしています。さらに、6歳頃になると乳歯が抜けて永久歯が出てきます。生え変わり時期は、歯と歯の間に隙間ができて噛み合わせが悪くなるので、歯ぎしりをすることでバランスを調整しています。9歳頃になると、前歯4本と奥歯の6歳臼歯がうまく噛み合うようになり、12歳頃に親知らず以外の永久歯が生えそろいます。

歯ぎしりは、生えてくる歯の位置や顎の位置を決めようとする生理現象ですので心配いりません。成長に伴うかみ合わせの変化に順応するため、歯をすり合わせてかみやすい位置(ポジション)をつかんでいるのです。

心配な方は一度、歯科医師に歯の状態を診てもらうことをお勧めいたします。

関連する小児歯科のページはこちら

発達障害の子への食事指導について

こんにちは、五條歯科医院で受付を担当しております日比と申します。

今回は「発達障害の子への食事指導」について、お話ししたいと思います。発達障害の子は、「感覚(味覚、嗅覚、触覚、視覚、聴覚)が過敏」「こだわりが強い」「異なる環境に不安を感じやすい」「見慣れないものへの抵抗が強い」などが認められ、偏食傾向の場合が多いようですが、その原因は一人ひとり異なります。

偏食を改善するためには、食べるのが楽しい雰囲気を作ることや、匂いをかがせたり、材料を目新しい形に切ったりするなど料理の工夫をすることが有効です。また、少しでも改善できたら、そのことを褒めてあげることも重要です。これらより少しずつですが偏食が改善していきます。小さい頃から、食べられるもの徐々に増やしていくことが大切だと思います。

関連する小児歯科のページはこちら

仕上げみがきのコツ

歯磨きの時に、お子さんの仕上げ磨きをしてあげていますか?

嫌がったり、じっとしてくれなかったりすることが多く、難しく感じている方も多いのではないでしょうか。今回は歯磨き好きなお子様を育てる、上手な仕上げ磨きのコツをお伝えしたいと思います。

歯ブラシで仕上げ磨きを始める時期は、上の前歯(乳前歯)が4本生え揃う頃が良いとされています。それまでは歯ブラシを使うことに無理にこだわらず、指やガーゼで優しくぬぐうようにし、ケアに慣れさせることを優先しましょう。

コツ1 “おどろかせない”

いきなり歯ブラシを口に入れようとせず、まず歯ブラシで唇や舌の先などを刺激し、「今から歯ブラシを入れるよ」のサインを送りましょう。

コツ2 “息苦しくさせない”

口の中に歯ブラシが入っている間、息を止めている子が多くいます。一気に磨こうとすれば、呼吸ができない時間が長くなり、苦しくなってしまいます。何秒間という目標を作り、数をかぞえながら磨きましょう。年齢の数+2秒までを参考にして下さい。また1回ごとに歯ブラシを口の中から出し、息継ぎをさせてあげましょう。

コツ3 “痛くしない”

歯ブラシは、痛みを感じない程度に軽い力で細かく動かしましょう。

仕上げ磨きのことでお困りの際は、五條歯科医院までご相談ください。

関連する小児歯科のページはこちら

指しゃぶりについて

こんにちは、五條歯科医院で受付を担当しております日比と申します。今回は、「指しゃぶり」についてお話ししたいと思います。

「指しゃぶり」は、主に乳幼児期の子どもに見られる口腔習慣で、3~4歳までは発達途上で見られる生理的なもの(あってもおかしくないもの)であり、自然と消失していくことが一般的で、特に心配はいりません。しかし5~6歳を過ぎても継続する場合は、歯並びの不正や顎の骨の変形を惹起させたり、発音などの口腔機能へ悪影響を及ぼしたりする要因となりますので、“悪習癖”ということになります。従って、4~5歳を過ぎても継続するような場合、止めるための何らかのはたらきかけをするのが望ましいでしょう。

五條歯科医院では、このようなお子さんの口腔習癖などについてのご相談も受け付けております。ぜひお気軽にご相談にいらして下さい。

関連する小児歯科のページはこちら

噛みごたえのある食事

噛みごたえのある食事

「子どもには、噛みごたえのある食べ物を食べさせると良い」と言われますが、「噛みごたえのある食べ物」とは、具体的にどのようなものを指すのかご存じでしょうか。

「噛みごたえのある食べ物」=「硬い食べ物」ではなく、「噛みごたえ」とは、その食べ物の硬さ、弾力性、付着性などの性質で決まります。そして一般的に、飲み込むまでに噛む回数の多いものほど、噛みごたえのある食べ物であると考えられています。例えば、食物繊維の多いセロリ、にんじん、キャベツなどの野菜や海藻、スルメイカやタコなど魚介類が、噛みごたえのある食べ物といえます。また、調理方法によっても噛みごたえは変わります。野菜は加熱時間を長くすると軟らかくなりますし、魚や肉は逆に硬くなります。従って、食材の選び方や、その調理方法を考えることも大切です。

また良く噛んで食べることは、食べる環境や食事にかける時間にも影響されます。大切なことは、食事中は背筋を伸ばし、床にしっかり足裏をつけ座る姿勢を整え、楽しく食べることです。咀嚼能力(食べ物を噛む能力)は、生まれつきではなく学習して発達するものです。それぞれの子供の発育に合わせ、進めていきましょう。

良く噛んで食事をすることは顎の発育を促し、歯並びに良い影響を与えてくれます。また、歯並びが良くなれば歯ブラシが隅々まで行き届きやすくなり、虫歯や歯周病にもなりにくくなります。

これを機会に、一度、皆さまやご家族の食事内容を見直してみて頂ければ幸いです。

関連する小児歯科のページはこちら

発展の代償

世界的に見て、日本はとても恵まれています。
食事も美味しい、生活環境は清潔、医療水準は世界トップレベルです。

歯科関係者ボランティアでよく行かれる場所にカンボジアがあります。
五條先生も昔行っています。
カンボジアは最近急速な経済発展により著しい「食の欧米化」や「食の多様化」が起き
食生活が激変しています。
それに伴い、歯科医療も発展し予防が広がればよいのですが
歯科予防知識は置き去りに、食生活だけが欧米化した影響で子供たちの口の中は
ボロボロな状態。
このままでは食べ物が多様化しても、歯が無く食べられないという現実が迫ってきます。
日本の子供に対する「仕上げ磨き」の定着は戦後、歯科業界や国の努力によって獲得してきた成果です。

仕上げ磨きが存在しない社会の中で、欧米化する食生活を送りながら子供の歯を虫歯から守るには継続的なコミュニケーションと教育以外にありません。
しかし、日本も他人事ではありません。
子供の虫歯は年々少なくなってきているデータはありますが、地域差や所得差などを感じ、
現場の衛生士として予防の定着はまだまだこれからの課題だと感じています。

歯科医院に継続来院することは、予防に対する知識を得るきっかけにつながります。
まずは、大切な人の健康を守るために、継続通院を始めてみませんか。

関連する小児歯科のページはこちら

子供の歯ブラシの選び方

むし歯予防のために行う歯磨きは子どもにとって大切な生活習慣といえるでしょう。
親の立場としては、睡眠や運動、食事の生活リズムを身に付けるのと同様に、規則正しい歯みがきの習慣付けが大切になってきます。
幼いお子さんにとって毎日の歯磨きが楽しいイベントになるよう、お父さんお母さんが上手くリードして上げて下さい。
そんな子供の歯磨きですが、毎日使う歯ブラシの選び方のポイントです。
まだまだ口が小さい子供には、適切なサイズのコンパクトなヘッドの歯ブラシを選んで上げて下さい。ヘッド部分の縦横サイズが小さく作られて毛の長さが短いものは、奥歯までしっかり磨きやすくなっています。
手で持つ部分の長さも子供の手のサイズに合ったものを選ぶことが大切です。
歯ブラシの毛の硬さですが、あまり硬い毛の歯ブラシは歯茎を傷める原因になるので硬さは「やわらかめ」や「ふつう」の歯ブラシをお勧めします。
子供は歯磨きをするときに力を入れがちなので、すぐにブラシが開いてしまいます。
そんな開いたブラシでは歯の汚れが落ちないので、早めに新しい歯ブラシに交換して上げましょう。
子供が一人で歯磨きをするようになっても、必ず磨き残しの部分があります。
子供の歯の状態を確認するためにも、必ずお父さんやお母さんが仕上げ磨きをするようにして下さい。

子供の歯磨き粉の選び方

甘い物が大好き、ジュースが大好き、そんな時期の子供はむし歯になるリスクが高くなっています。
だからこそむし歯予防としての毎日の歯磨きが大切になってくるのです。
子供の歯磨き粉の選び方としては、まずフッ素入りを選ばれることをおすすめします。
歯磨き粉の成分表示に、フッ化第一スズ、モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP)、フッ化ナトリウム、などの表示のあるものがフッ素になります。
フッ素の濃度が低くなければ、どのフッ素でも効果は同じで市販されている子供用歯磨き粉のほとんどにフッ素は含まれており、一定のむし歯予防効果が期待できるのです。
フッ素入りの歯磨き粉を使うと、歯磨きも、しばらくの間は口の中にフッ素が残ってむし歯予防効果を発揮します。
そのため、歯磨き後のうがいを何回も過度にしたり、歯磨きが終わってからすぐに何かを飲んだり食べたりするとフッ素の効果を減らしてしまいますので避けて下さい。
歯磨き粉を使い始めの際に飲み込むことが多かったり、上手くうがいができない時は、歯磨き粉を使うのが早いのかもしれません。
そのような時は、フッ素洗口液を歯ブラシにつけて磨く方法を選んで下さい。これらの方法はフッ素の濃度が低いため、万が一飲み込んでも問題はありません。

断乳の時期

昔はよく「赤ちゃんが自分で3歩ほど歩くようになったら断乳する」と言われていました。
授乳を止める適切な時期というのは、各々の母親と赤ちゃんの状態にもよるので一概には言えません
例えば、ミルクアレルギーがある赤ちゃんでしたら長い期間母乳を与える選択になります。成長に不可欠なカルシウムを補う意味で母乳の必要性があるからです。
ただ、生後8ヶ月ぐらいになると母乳のみでは赤ちゃんの発育に必要な鉄分が足りなくなくなってくるので、不足分を離乳食で補う必要が出てきます。
お子さんが、母乳以外のカルシウムを含む食品を自分で食べたり飲んだりできるようになれば断乳のタイミングだと言えるでしょう。
ただ、カルシウム摂取の効率の良い小魚は消化吸収が悪いので、できるだけ乳製品で代用するのがお勧めです。
たまに「出産から半年過ぎた母乳には栄養が無い」とか言う方がいますが、これは全くの俗説で母乳は栄養も免疫もなくなりません。
母乳は出るかぎり成分的には何の問題もないのです。
赤ちゃんが自分から授乳をしなくなる卒乳と違って、お母さんから一方的に授乳をストップする断乳は場合によっては赤ちゃんが泣き続けるという事態にもなります。
断乳はお母さんの体調の良い時、ご家族の協力が得られる時を見計らって実行するのが良いでしょう。