口呼吸が感染症を引き寄せる

こんにちは。横浜市金沢区にある五條歯科医院です。

 

コロナ禍でマスク生活が日常となりましたが、マスクの下で口呼吸をしていませんか?

口呼吸は、ウイルスや細菌などを含む外気が鼻呼吸と違ってダイレクトに
のどや気管に取り込まれ、肺に入る可能性があるので、感染症にかかるリスクが高まります。

 

また、口呼吸はお口の中の乾燥を招き以下のような弊害をもたらす
原因の可能性があると近年では注目されています。

  • 口臭
  • むし歯
  • 歯周病
  • ドライマウス
  • 花粉症
  • 気管支喘息
  • アトピー性皮膚炎
  • 胃、十二指腸潰瘍
  • 高血圧
  • 糖尿病

 

こんなにも、口呼吸がもたらす弊害があるなんて驚きですよね。

 

口呼吸になってしまう原因は、口のまわりや舌の筋肉が低下していることが考えられます。

意識して気を付ける他に、お口のまわりの筋力を鍛えることで、口呼吸から鼻呼吸に導くことができます。

 

その筋トレのひとつとして「あいうべ体操」をご紹介します。

やり方は簡単♪

 

①「あー」と口を大きく開ける

②「いー」と口を大きく横に開ける

③「うー」と口を強く前に突き出す

④「ベー」と舌を突き出して舌に伸ばす

この4つの動きを順番に繰り返します。

 

4つの動きを1セットとして、1日に30セット行うと良いです。
朝10セット、昼10セット、夜10セットと分けると簡単です。

 

「歯磨きの後に行う」と決めてやるのも習慣化しやすいのでオススメです。
また、声は出さなくても良いので、通勤中のマスクの下での体操もOKです。

 

お口まわりの筋力アップの効果は、噛む力や飲み込む力が向上し、滑舌がよくなる、
表情が若々しくなるなど、良いことずくめです!

 

とてもシンプルで簡単ですので、毎日の習慣にぜひ取り入れてみてください。

『手洗い、うがい、あいうべ体操』をお忘れなく♪