なぜエナジードリンクを飲むと元気が出るの?

こんにちは、金沢区の五條歯科医院で受付を担当しております日比と申します。

今回は、「エナジードリンク」についてお話ししたいと思います。

疲れている時、忙しい時、試験前などで睡眠不足の時など、休みたいけれど休めない時ってありますよね。そのような時に、つい頼ってしまうのがエナジードリンクです。エナジードリンクを飲むと、パワーが出る、頑張れるっていう人も多いと思います。

エナジードリンクの成分は商品により少しずつ違いますが、その多くに共通している成分は、カフェイン、ビタミンB群、糖分、タウリンなどのアミノ酸です。

コンビニ等で手軽に購入できるエナジードリンク1缶には、カップ一杯のコーヒーや紅茶よりも多くのカフェインが含まれているそうです。カフェインの精神運動刺激作用により疲れを感じにくくなり眠気が覚めてすっきりするとされ、これが“元気が出る”感覚につながっていると考えられます。しかし、エナジードリンクを飲むと効果があるからといって、飲みすぎると体に悪影響を及ぼします。エナジードリンクの飲みすぎによる悪影響の代表は、カフェインの過剰摂取によるカフェイン中毒です。カフェイン中毒の症状は、感覚過敏、不安、精神症状のほかに頻脈や嘔吐などがあり、重症の場合は死に至ることもあります。日本のエナジードリンクには、1本50~150㎎のカフェインが含まれているので、どんなに疲れていても1日1本までにしておくことが良いと思いました。