イエテボリ法について

こんにちは。歯科衛生士の山崎です。最近、某テレビ番組の影響で、イエテボリ法という歯磨き方法について、よく質問を受けます。五條歯科医院ではイエテボリ法を取り入れたブラッシング指導を行っておりますが、その詳細はご存じない方もいらっしゃると思いますので、改めてご紹介させて頂きます。

イエテボリ法は、歯科先進国スウェーデンで始まった歯磨き方法です。ご存じの方も多いと思いますが、スウェーデンは「予防歯科」先進国です。私も10年以上前にスウェーデンへ勉強しに行きました。イエテボリ大学は、私が訪れた当時も最先端の研究を発表していましたし、現在も多くの予防歯科関する有用なデータを輩出しています。

しかし、1970年以前はスウェーデンでも多くの人がむし歯や歯周病で歯を失っていました。そこで、スウェーデン政府は1970年代に「予防歯科」を国家プロジェクトとしてスタートさせたのです。プロジェクトにおいて大規模な調査を行ったのがイエテボリ大学でした。

調査の結果、むし歯予防には、セルフケア(ご自宅での歯磨きなど)とプロケア(歯科医院で受けて頂くクリーニングなど)の両方が重要であることがわかりました。今日の歯科治療において、対症療法(歯を削ったり、詰めたりすること)ではなく、「予防」が重要であると言われるのは、イエテボリ大学の調査が大きく関わっていると言っても良いでしょう。

この調査の結果から得られたデータにより、効果的だと判断された歯磨き方法の一つに、イエテボリ法という歯磨きのテクニックがあるのです。

スウェーデンではこの他にも水道水にフッ素が添加されていますし、販売されている塩にもフッ素が含まれています。また、歯磨き粉に入っているフッ素の濃度も日本に比べるとかなり高いです。このように日本とはかなり背景が異なることもありますが、イエテボリ法は歯磨き方法としてはとても有効なものですので、是非お試しいただきたいと思います。

実際の方法は次回詳しくご説明いたします。

関連する予防歯科のページはこちら