フッ素ジェルの効果的な使い方

皆様、フッ素ジェルをご存知ですか?

フッ素ジェルとは、フッ化物とキシリトールを主成分とした家庭でできるフッ素塗布用の透明ジェルです。

フッ素には、歯を強くする働き(フッ素が歯に取り込まれ、虫歯に強い(溶けにくい)歯を作る)、再石灰化を促進する働き(自然治癒が可能な初期虫歯では、治癒を助けることが出来る)、虫歯菌の活動を抑制する働き(フッ素が歯垢(プラーク)に入り、歯を溶かす酸が作られるのを抑える)があります。

またキシリトールにも、虫歯の原因となる酸の産生を抑制する働きがあります。

≪フッ素ジェルの使用法≫

  1. 使用前はいつも通り歯磨きをして、口をゆすぎます。
  2. フッ素ジェルを歯ブラシにつけ、全体の歯にいきわたるように軽く磨きます。
  3. 使用後は口を水でゆすがず、軽くツバを吐き出す程度にします。

通常の歯磨き粉とは異なり研磨材を含まないため、発泡はほとんどしません。

お口の中に残ったジェルは飲んでも問題ありません。

使用後30分間はうがい、飲食を控えましょう。

≪フッ素ジェルの1回の使用量≫

大人は歯ブラシの毛先分 1g

6歳以上は歯ブラシの半分 0.5g

3~6歳は歯ブラシの1/4 0.25g

 

 

 

 

フッ素ジェルには年齢に適したフッ素濃度があります。

金沢区の五條歯科医院ではフッ素ジェルなど予防関連商品を取り扱っておりますので、お気軽にお声掛けください。

歯磨きの後にフッ素ジェルを取り入れて、虫歯をより効果的に予防しましょう。

関連する予防歯科のページはこちら