加熱式タバコはクリーンで安全!?

加熱式タバコが国内で流行しています。加熱式タバコは、紙巻きタバコと比べクリーンで健康に悪くなさそうなイメージがあります。それはおそらく比較的副流煙が少なく、ヤニ臭さも少ないと広告・宣伝されているからでしょう。では、本当に加熱式タバコは人体に対して安全なのでしょうか。

加熱式タバコから発生する有害化学物質に関する情報は、製造、販売元であるタバコ産業からのものが多いのですが、各メーカーともに有害成分の低下が主張されています。

たしかに、有害化学物質の発生量は紙巻きタバコに比べれば少ない製品が多いですが、発生す化学物質の種類は大差なく、有害性が比較的低い化学物質も含めた総重量としても大差ありません。さらに、濃度は低いものの多種類の発がん化学物質も発生します。

このようなメーカーの強調する“紙巻きタバコに比べて低い”という数値も、大気環境基準などの一般公衆が受け入れ可能とされる基準と比較すれば、相当に高濃度なものです。

以上のように、たとえ紙巻きタバコを加熱式タバコに切り替えても「自分は禁煙した。」と言えるものではありません。喫煙は、お口の中にもさまざまな悪影響を引き起こします。口腔、咽頭がん、歯周病、虫歯、歯肉のメラニン色素沈着、口臭、インプラントの失敗などを引き起こすことが疫学的に証明あるいは可能性があるとされています。

金沢区の五條歯科医院では、お口の健康維持、向上のお手伝いをいたしますので、是非お越しください。

関連する予防歯科のページはこちら

関連する歯周病治療のページはこちら

関連するインプラントのページはこちら