口臭の原因を撃退

自分の口臭が気になることはありませんか?健康的な人の口臭(生理的口臭)の主な原因は舌苔(ぜったい)であるといわれています。舌苔とは、細菌や食べかす、剥がれた粘膜などが舌の表面に付着した白い苔状の集合体です。この舌苔に含まれるタンパク質が、口の中の細菌によって分解され揮発性硫黄化合物をつくります。これが口臭の原因のひとつとなっています。

日中は唾液の作用により細菌の増殖が抑えられていますが、寝ている間は唾液の分泌量が減少し自浄作用が弱くなるため、舌苔の付着量は朝が最も多いといわれています。寝起きの口臭が気になることからもおわかりになるかも知れません。

では、この舌苔を取るにはどうしたらよいでしょうか。舌苔は舌の表面の舌乳頭(ぜつにゅうとう)という細かい密集した突起に付着しているため、舌ブラシなどで機械的に(物理的に)除去する必要があります。特に舌の表面には味蕾(みらい)という味を感じる組織もありので、これを傷つけないように注意する必要があります。

以下に舌苔の除去法をご紹介したいと思います。

  1. 1日1回、朝に行う
  2. 舌ブラシを水に濡らして使用する
  3. 鏡を見ながら、舌苔が付着しているところにのみ行う
  4. 舌を前に出して
  5. ブラシを奥から手前に動かす
  6. 軽い力で行う
  7. 1回の清掃で全て除去しようとせずに、少しずつきれいにしていく

舌苔を除去したあとに、殺菌効果のある洗口剤でうがいをするとより効果的です。当院ではSPTガーグルをおすすめしています。

 

 

 

口臭が気になる方、舌苔の取り方が詳しく知りたい方は、金沢区にある五條歯科医院にご相談ください。

関連する予防歯科のページはこちら