かかりつけ」タグアーカイブ

かかりつけ機能強化型歯科診療所と専門医の連携

当五條歯科医院は厚生労働省の厳しい審査基準をクリアーして、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所として認定されて4月1日より運用を開始しております。

 

これは厚生労働省が新たに定めた、むし歯や歯周病の重症化予防のための画期的な新制度なのです。

 

この新しい制度が始まった背景として、中央社会保険医療協議会より以下のような報告があったのです。

 

「50才以上の人の約半数が歯周病が原因で抜歯している」

「不定期に通院している人ほど抜歯の本数が多い」

「定期来院している人々は新しいむし歯の発症や歯周病の進行が少ない」

 

この報告を受けて厚生労働省は、従来の「削って詰める治療、その治療のついでに予防処置」のような治療優先型の歯科医療の在り方を改め、むし歯にさせない、歯を失わないための継続的な検査やメインテナンスが組織的に行える歯科診療所の要件を定め、「かかりつけ機能強化型歯科診療所」として運用を開始したのです。

 

「かかりつけ機能強化型歯科診療所」は従来の歯科治療に加えて、予防歯科、通院が難しい患者さんへの訪問診療などの多岐に渡って対応していきます。

それだけではなく、患者さんの症状に即した、矯正歯科、小児歯科、顎や頚部唾液腺疾患など専門性の高い口腔外科、ホワイトニングやレーザー治療に特化した審美歯科などの専門医との連携も求められているのです。

かかりつけ機能強化型歯科診療所と中核病院の連携

世界1位の長寿国を誇る日本ですが、それは同時に高齢化社会の様々な問題への対応に追われる事を意味しています。

 

2015年の国連の調査によると、主要先進国の人口年齢分布として日本は60才以上が33.1%、80才以上が7.8%、といずれも主要先進国ではトップになり、まさに高齢化社会としての日本は不動の位置づけになっているのです。

 

現在の日本において、介護問題は避けては通れないほど逼迫した大きな問題といえます。

 

自力で色々な活動が可能な状態で生活できる寿命を健康寿命といいますが、様々な病気や認知症によって介護を必要とする要介護者は平成28年12月時点で460万人と報告されているのです。

 

在宅療養をされている高齢者には多くのサポート体制が必要とされます。

その中には、歯科医院に通院できない高齢者も含まれているのです。

 

訪問診療も認定要件になっている「かかりつけ機能強化型歯科診療所」ですが、充実した医療の実現には他の医療機関との連繋も必要になってきます。

一般医療のかかりつけ医や入院医療、在宅医療と歯科医療、薬局、訪問看護、介護などのネットワークを構築して、患者を支えるこれら全てが連携して機能を発揮し、患者の状態に応じた質の高い医療を提供することや、医療と介護の切れ目のない連携を図ることが求められてくるのです。

 

「かかりつけ機能強化型歯科診療所」は地域包括ケアの担い手となる事が期待されているのです。

かかりつけ機能強化型歯科診療所と一般の歯科診療所の違い

まだ一般の方には聞き慣れないかも知れませんが、「かかりつけ機能強化型歯科診療所」という歯科医院の制度がスタートしています。

 

この「かかりつけ機能強化型歯科診療所」というのは、平成28年4月より新設された制度で、決められた基準を満たすことで厚生労働省から認可を受けることのできる、地域完結型医療推進を行う歯科医療機関のことになります。

 

当五條歯科医院も、平成28年度4月1日より厚生労働省から「高度な定期管理(メインテナンス)を行う、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」として認定を受けています。

 

この認定を受けるには様々な必要要件を満たさなくてはなりませんが、要件としては、「むし歯や歯周病の予防、および訪問診療を適切に実施している」、「院内感染の予防に対する知識が豊富である」、「緊急時の対応体制が整備されている」「消毒滅菌に関する設備が適切で充足している」などが挙げられているのです。

 

緊急時の対応体制としては、麻酔管理や手術中に動脈血の酸素飽和度を計測するパルスオキシメーター、心停止時に電気ショックを与えるAED、酸素ボンベ、血圧計、歯科用吸引装置、救急蘇生薬剤などの設備や器具の設置が求められています。

 

他に一般の歯科診療所との大きな違いとしては、訪問診療の対応があります。

高齢化が進む日本では在宅歯科治療が必要とされる反面、その訪問歯科診療の対応が整備されていない現状があります。

地域医療の充実を担う「かかりつけ機能強化型歯科診療所」は、その訪問診療にも対応しているのです。

妊婦とかかりつけ機能強化型歯科診療所

妊娠中の歯科治療に不安を覚える方がいらっしゃいます。

 

しかし、原則的に妊娠中に一般的な歯科治療を行なってはいけないという時期はありません。

 

妊娠している方は口の中のトラブルを引き起こしやすいといわれています。

その原因としては、ホルモンのバランスの変化で唾液が粘り食べかすが残りやすい、唾液が酸性に傾いて口の中の細菌が増えやすい、妊娠初期には悪阻(つわり)によって胃酸が逆流して口腔内の酸性度が高まって歯が溶けやすい環境を作る、などが挙げられているのです。

 

治療は妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)であれば殆どの方が問題なくできますが、妊娠初期や妊娠後期は基本的に応急処置のみ行うことになります。

特に、妊娠初期の2~3ヶ月間は流産のリスクがあるので、過度の緊張、或いは長時間にわたる治療はなるべく避ける方が良いと思われます。

その場合は一旦応急処置にとどめておいて、妊娠4~7ヶ月の安定期に治療を行なう事をお勧めしています。

 

むし歯や歯肉炎に関しては、むしろ必要があれば妊娠安定期に積極的に治療すること、できれば分娩までに治療を済ませておくことをお勧めします。

何故なら、出産後は育児に追われたり、治療中に子供の面倒をみてくれる方がいないなどといった理由から治療を放置して症状を悪化させてしまうケースが少なくないからです。

 

また、妊娠初期は飲み薬などにも十分な注意が必要になってきますが、厚生労働省から認可を受けた「かかりつけ機能強化型歯科診療所」であれば治療全般に全幅の信頼を置けるのです。

子供とかかりつけ機能強化型歯科診療所

乳歯は生えた瞬間からむし歯になる危険性があります。

 

乳歯は永久歯と比べると歯質が弱く、厚さも2分の1程度しかありませんので、むし歯の進行が広い範囲に早く広がってしまうのです。

 

「どうせ抜けて永久歯に生え変わるから」と放置されるお母さんがおられるようですが、乳歯のむし歯は歯肉内で成長を続けている永久歯に悪い影響を及ぼすことがあるのです。

 

乳歯のむし歯の原因としては主に糖分や汚れが挙げられます。

粉ミルクや母乳、牛乳や甘い飲み物に糖分は含まれます。

この糖分に乳歯が長時間さらされると、口内にある細菌が飲み物や食べ物に含まれている糖分を利用して歯を攻撃する酸を作り出してしまうのです。

 

乳歯はもともと永久歯よりもエナメル質が薄く、厚さは永久歯の2分の1程度しかありません。

そのために、乳歯がむし歯になって歯が溶け始めると、比較的早くむし歯が神経まで進んでしまうのです。

乳歯のむし歯を見つけたら早目に治療する必要があるのです。

 

当五條歯科医院は、平成28年度4月1日より「高度な定期管理を行う、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されました。

厚生労働省から認可をうけた、「かかりつけ機能強化型歯科診療所」は診療体制に関わる厳しい要件を全てクリアしているので、幼い子供さんでも安心して治療する事ができるのです。

歯科検診とかかりつけ歯科医院

「8020運動」というものがあります。

これは、80才になっても20本以上の歯を維持して健康な日常生活を送ることを目標にしようという、歯科保健推進の運動なのです。

 

歯が20本以上あれば殆どの食品の咀嚼が容易であるとされていますが、残念ながら現状では、80才で20本の歯を維持されている方は僅か7%程度にすぎません。

この80才になられる大多数の方々が、むし歯や歯周病によって多くの歯を失っているのです。

 

むし歯や歯周病の原因は、歯に付いたプラーク(歯垢)といわれています。

プラーク内の細菌によって引き起こされる感染症は、生活習慣病でもあるのです。

この生活習慣病とは、「食生活や運動習慣、喫煙や飲酒などの生活習慣が、その発症と進行に関与する疾患群」と定義されています。

つまり、細菌が原因となり感染していきますが、発症や進行するかはその人の生活習慣によるものなのです。

 

定期的に「かかりつけ歯科医院」の健診を受けることで、これらのむし歯や歯周病の発症や進行を防ぐ事ができます。

 

また、一旦治療が終了した歯であっても、装着した人工物が永久にもつことはありません。

治療から何年か経過すると、色々な問題が新たに発生して治療したはずの部位にトラブルが再発することも珍しくないのです。

こんなトラブルも、継続した健診を受けて早目に対応していくことで重症化させないことができます。

 

高齢になると、口の中のトラブルが全身の健康状態の悪化に繋がるケースも少なくありません。

高齢者ほど、「かかりつけ歯科医院」での歯科検診が必要になってくるのです。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の制度

予防歯科の先進国として有名な北欧スウェーデンですが、その実情を表す数字をご紹介します。

 

例えば、予防歯科を年1回以上受ける受診率がスウェーデンでは90%にも達するのに対して、我が日本は僅か2%という惨憺たる数字になっています。

そして、その結果ともいうべき80才の平均残存歯数はスウェーデンの25.2本に対して、日本は僅か8.9本という寂しい数字になっているのです。

 

スウェーデンでは、歯医者は歯が痛くなってから行くところではなく、むし歯を作らない為に行くところなのです。

 

平成28年4月より新設された「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」とは、決められた厳しい基準を満たすことで厚生労働省から認可を受けることができる、地域完結型医療推進を行う歯科医療機関のことです。

 

目的としては、患者さんの生涯に渡って安心で安全な治療を提供することはもちろん、定期的な口腔内の検診や予防を図ることで患者さんの健康に寄与する事になります。

 

また、高齢化社会の進む日本では歯科医院に通院できない患者さんが年々増加しており、その為の訪問診療にも対応できるのが「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」の必要要件にもなっているのです。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の件数

患者さんに対して、生涯にわたって安心・安全な治療を提供することはもちろん、定期的な口腔内の検診や予防を図ることで患者さんの健康に寄与することができると厚生労働省から認可を受ける、「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」は以下の厳しい要件を満たさなければなりません。

 

①複数の歯科医師、及び1名以上の歯科衛生士を配置していること。②医療安全対策、偶発症に対する緊急時の対応・医療事故・感染症対策に関連する研修を修了していること。③訪問診療(往診)、高齢者の特性を踏まえた口腔機能の向上及び管理、緊急時の対応に係る研修を修了していること。④訪問診療、歯周病治療終了後の定期的サポートケア、かぶせ物の維持管理、定期的に患者さんに口腔内の状態を説明していること。⑤緊急時の対応に必要な体制が整備されていること。⑥地域で在宅医療を担う連携体制が整備されていること。⑦口腔内で使用する医療機器等について患者さんごとの交換や機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底し感染症対策を講じていること。

 

近年、歯科医院は全国のコンビニより多い約7万件あると言われていますが、この歯科医院の中で「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されるのは僅か2%の予定とされています。

 

それほど厳しい認定要件と言えるのです。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所の設備

平成28年4月1日、当五條歯科医院は厚生労働省認定の「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」になりました。

 

この4月の診療報酬改定において、厚労省は「生まれてから一生涯にわたり、しっかりとお口の健康維持に取り組むことができる医院」を「かかりつけ歯科」と定義しています。

その定義に該当する歯科医院の要件としては、「むし歯や歯周病の予防、および訪問診療を適切に実施している」、「院内感染の予防に対する知識が豊富である」、「消毒滅菌に関する設備が適切で充足している」などが挙げられていて、認定を受けるには各々の要件の全てを満たすことが求められています。

 

具体的には、外来環境体制として歯科診療時の偶発症など緊急時の対応及び感染症対策としての装置や器具の設置などの適切な取り組みを行っている体制、全身的な疾患がある患者さんに対して安全に歯科治療を行うことができる体制、在宅等の診療に関して歯科医療面から支援できる体制、手術用顕微鏡を用いた治療を行う体制、複雑な歯根の治療を行う体制、等が挙げられます。

 

また、緊急時の対応体制として、パルスオキシメーター、AED、酸素ボンベ、血圧計、歯科用吸引装置、救急蘇生薬剤などの設備や器具の設置、及び緊急時連携している他の医科や保険医療機関との連携がなされている事、

滅菌、感染防止に必要な設備がある事等も必要要件として挙げられ、これら全てが患者さんにより良い医療を提供する為なのです。

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは

一般の医療では、普段から患者さんの体調を熟知した「かかりつけ医」の必要性が伝えられていて厚生労働省や地方自治体も「かかりつけ医」の充実に取り組んでいますが、これは歯科においても例外ではありません。

 

「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」とは、平成28年4月より新設された制度で、定められた厳しい基準を満たすことで厚生労働省から認可を受けることができる、地域完結型医療推進を行う歯科医療機関のことです。

 

当五條歯科医院は従来より地域の皆さんのかかりつけ歯科医院として、患者さんに十分に満足していただける診療を目指してきましたが、平成28年度4月1日より、厳正な審査の上で厚生労働省から「高度な定期管理(メインテナンス)を行う、かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されました。

 

当医院が認定された「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」とは、口腔機能の維持と改善により患者さんの健康寿命を伸ばす事とQOL( quality of life゠生活の質)の向上を図るという目標の実現に向けて国が新設した認定制度で、むし歯を防いで歯を失わないために予防を定期管理(メンテナンス)することができる専門的な歯科医院の事なのです。