入れ歯の種類」タグアーカイブ

総入れ歯の種類

保険適応の総入れ歯では義歯床にプラスチックを使う事になり、分厚くなりやすい、違和感が強くなりがち、と言った特徴がありますが何と言ってもコストが安いメリットがあります。
対して自費治療の総入れ歯では、まず義歯床が金属のタイプが考えられます。
金属の義歯床にすることで入れ歯を薄く作れるので、保険義歯よりも話しやすかったり違和感が少なかったりするメリットがあります。
更に装着感を快適にするシリコーン義歯とは、義歯床の一部がシリコーンで出来ている入れ歯のことですが、金属の義歯にシリコーンを貼り付けるのでコスト的にはかなり高価になっていきます。

総入れ歯と部分入れ歯

一口に義歯と言っても、歯が全くなければ「総入れ歯」、歯が1本でも残っていれば「部分入れ歯」を作ることになります。
部分入れ歯の場合は、「クラスプ」と呼ばれるバネを使って残っている歯に巻き付けるようにして取り付ける構造になっています。
また、自費治療では保険ではできない色々な素材や技術の義歯があり、様々な選択肢から患者さんの好みで作る事ができるのです。
コスト重視の保険義歯に対して、自費義歯はコストよりも機能や審美性、耐久性を重視しています。見た目だけでなく、義歯製作に時間を掛けて高い快適性も確保しているのが自費治療の義歯なのです。